HOME

Pocket

『中本さんが来る日はね、大入り袋がよく出るのよ。』
通い慣れたゴルフ練習場での出来事でした。受付の女の子が同僚へ囁いた、こんな声を耳にしたことがあります。

若い頃から、私は業種にかかわらず出入りするお店にけっこう大事にされてきました。そして、優しく自分に接してくれるのは、人に幸運をお裾分けできる自身の体質のせいだといつか気づくようになっていたのです。

また、それとは真逆であり本当に残念に思っているのですが、意図して私から離れていく人の運気が何故か激しく落ちていくことを幾度も見ています。

経営コンサルタントとしての活動を始めるようになったのは、このような経験が強く影響しているような気がしています。

冒頭から自慢話になってしまいました。こういうのが苦手とあなたが思われるのであれば、以降のレターを読む気が失せてしまうかもしれません。特に人のお陰で成功するなんて自分にはありえないと考えがちな、自信があってプライドの高い方ほどそう思われるでしょうか。

でも、ひとつ言わせてください。プライドは自尊心を満足させるでしょうが、案外ビジネスの発展にブレーキをかけている場合があるのです

今から15年ほど前のことです。私はゴルフ上達商材をインターネットを介して販売する情報起業家としてビジネスを始めました。18歳で初めてゴルフクラブを手にしてから30年以上経ったある日のこと、突如スイングに開眼してしまったからです。

その瞬間、感動で体が震えました。そして、ついに辿り着いたこの境地を他のゴルファーにも味わってほしいとの思いが募り、体得したスイングノウハウをeBookに纏めたのです。

このゴルフ上達商材eBookは人気を呼びました。販売価格は一般的な市販レッスン本の10倍近かったのですが、1200本以上売れたのに加え、完全返金保証をつけたにもかかわらず返品率が1%程度に収まったのです。

元々私はプロゴルファー志望でした。会社勤めの傍らゴルフの練習に励んだのですが、時間とお金の制約を克服できず、結婚したのを期に泣く泣く諦めていました。その後、急速上達するノウハウを体得できたとはいえ、プロゴルファーにもなっていない一般アマチュアが人様にゴルフを教える仕事を始めたのです。

『所詮、プロになれなかった人が作ったレッスン商材だろ・・・・・・』

ネットにこういう発言を投稿されたこともあります。もしプライドが高ければ、その時点で商材販売は止めてしまうことを考えたでしょうね。ただ、私は繰り返し転職を重ね嫌というほど下積みを経験してきた人間でしたから、この程度の発言に動揺することはありませんでした。

それにユーザーさんからの熱い「お喜びの声」が沢山届いていたので、もっと頑張って販売しようと、却って張り切るくらいの思いにとらわれたことを覚えています。少しは備わっていた自尊心を切り捨て、ユーザーさんに喜んでいただく実のほうを選んだのです。


・プラスαがインターネットスキルを活かす
今の時代に於いて、業界リーダーとしての地位を保つ企業は例外なく、常に自社情報を発信しながらユーザーや見込み客の囲い込みを図っています。情報起業家としてwebマーケティングのスキルを様々に学び実践もしてきた私には、十分腑に落ちることです。

特に、中小企業が情報発信を戦略として徹底していく場合、インターネットほど適した媒体はないと確信できます。

たとえば、テレビを使ったコマーシャルでは膨大な費用を必要としますが、こうしたメジャーなメディアを駆使していく方法は、広告経費を潤沢に持つ大企業や、中小企業であってもよほど儲かっているところにしか許されることではありません。しかし、インターネットでなら、格安、且つ思い通りに自社の経営理念を世間に理解してもらえるのです。


但し、インターネットを使いこなすスキルが向上しても、肝心な自社商品がユーザーに支持される優れたものでない限り、それは無用の長物と化してしまいます。

では、インターネットマーケティングを成功させ、ターゲットユーザーを虜にする商品・サービスの開発、ブラッシュアップにはどうしたらよいのでしょうか。

結論を申します。これまで日本の経済界に於いても水面下で密かに活用されてきた、スピリチュアル系メソッドの導入をお勧めしたいと思います。

そうすることで、社長を始めとして社員全員に至るまで、全く別の視点からの取り組みができるようになるのです。マーケティングスキルを実際の集客に繋げ、群を抜く新商品・新サービスの開発も成功に導くことができると考えています。


・スピリチュアルが実業界に浸透し出した
大手の一流企業や中堅企業を問わず、このところ「占い師」と顧問契約を交わす企業が急増しているとのことです。世間に名の知れた優良企業といえども、占い師のコンサルティングに頼っていることについてあなたはどう思われますか。

以前から、運勢や占いの専門家が企業にかかわってはいたのです。また、企業トップがビジネス上の重要な判断や悩み事を、彼らに頻繁に相談していたということも事実なんです。先行き不透明な時代が続き、尚更この傾向が顕著になってきたというわけです。

では、何故「運勢」や「占い」という、ビジネス界では敬遠されそうな訳が分からないとされているものに、多くの企業が注ぎ込む予算を急激に増やすという状況となっているのでしょうか。

その理由として、目に見えて企業の業績向上に繋がるという背景があるからなのです。儲けている企業の社長さんほど、スピ系を頼りにしているのです。

ですが、こういう話はさほど世間に伝わっていません。当然なんです。よほど親しい仲でない限り、易々と赤の他人に『うまい話』を教えるわけはありません。

この世の中、貴重な情報は儲けている者同士でしか共有できないことになっているのです。




・世界企業の変化!IT業界の雄が社員研修に瞑想を導入
欧米のビジネス界にスピリチュアルが根づき出してから数年が経っており、これをビジネスの活性化に繋げようという取り組みは世界的な潮流となっています。
 
Google、アップルを始め、ユーザー数が世界で5億人以上になったとされるビジネス向けSNS「LinkedIn」、さらにアメリカン・エキスプレスなど、錚々たる欧米トップ企業が社員研修にスピリチュアル系の研修プログラムを実践しているのです。そして、日本の企業もこの傾向に追随するのは間違いないでしょう。

S.I.Y(Search Inside Yourself)は、グーグル社が幹部を対象として独自に開発した「マインドフルネス」の実践プログラムです。S.I.Yのプログラムは欧米企業に限らず、世界的な注目を浴びていますが、これは言ってみれば瞑想法です。

          

現状をそのまま肯定することで、ストレスを軽減する技術です。今の自分をシッカリ見つめるということですね。「座禅」がベースになっているとのこと。自身の心の深い領域まで入り込んで深層意識に問いかけることになるので、ビジネスに応用する範囲を超え特殊な才能の開発に繋ったり宗教的法悦体験も得られそうです。


S.I.Y(Search Inside Yourself)プログラムは集中力を上げてビジネスのパフォーマンスをアップさせるとともに、日々のストレスを軽減しスムーズな人間関係を構築することを主なテーマとしています。

このプログラムは「サーチ・インサイド・ユアセルフ」の著者である元Google社員のチャディー・メン・タンが、Google在職時代からマインドフルネスをベースとし研究開発に携ってきました。

※サーチ・インサイド・ユアセルフについての解説動画が、YouTubeに投稿されています。Googleのシニアアドバイザーの方が解説をしています。

https://youtu.be/Ib5eD6tm6Ng

動画タイトル] Future360 tv Rich Fernandez, Search Inside Yourself, Google

      

・企業の生命線はビジネスアイデア
消費社会が進んだこの時代、企業がユーザーに提供する商品・サービスのライフサイクルが増々短くなっています。そしてユーザーには、ふんだんに提供される様々な商品やサービスを目前に、自分好みのものを自由に選ぶことと、その時間を慈しむ権利が与えられています。

いっぽう企業側では、移り変わるユーザーのニーズに合致する新たな開発を常に実践していかなければなりません。大企業と違い、人材や資金に限りのある中小企業にとって、これは大きな負担となる作業です。

資金調達から人材確保、ユーザー管理、新規見込み客の集客を始めとして、業務全般が円滑に進むよう中小企業の社長は日々切磋琢磨を強いられています。突如、ビジネスアイデアが舞い降りてくる、ゆったりとした時間を取るのは大変だと思います。

しかし、企業の成長に最も必要とされるのは、秀逸なビジネスアイデアであるのは間違いないはずです。

他社が易々と追随できない突出したビジネスアイデアを、時に応じてタイミングよく生み出すことができれば、人もお金も自然についてきます。


尽きることなくビジネスアイデアを量産することができる社長であれば、どのような業種・規模であっても会社の前途は洋々です。そして、このような会社に努める社員は幸せです。何故って、会社の成長は確実、さらに倒産とは当然無縁になりますから・・・・・・

給料はもちろんのこと、ボーナスも毎年増えるばかり。さらに、家とか車などのローンにしても、安心して組むことができますからね。このご時世から考えれば、夢のようなことではないですか。

でも、秀逸なビジネスアイデアというものは、おいそれとは生まれないものです。いくらあくせくしてもなかなか閃きは湧いてきませんから・・・・・・


・ビジネスアイデアを生み出すスピリチュアル的メソッド
あるスピリチュアルメソッドが事業の設定目標を達成させます。

それは、自身の波動をアップさせるスキルです。

 
波動を高めることができれば、自身の考えを実現する広範な能力が身につくからです。広範な能力と言っても色々あります。影響力が断然大きいのは「現実化能力」でしょう。

ひとたび現実化能力が高まれば、社長の視界に不可能といえるものは存在しなくなります。何故って、あらゆることが自分の思い通りになるわけですから・・・・・・



また、自社の成長に必要なビジネスアイデアが途切れることなく社長の頭から湧き出すの
で、会社の稼ぐ力は劇的にパワーアップします。さらに、自社に都合のよいシンクロニシティーが頻発し出し、連続する業績アップが社員のやる気を益々引き出すでしょう。

エネルギーそのものである全ての物質は、粒子的な性質以外に三次元的には数値で表せない波の性質を持ちます。これを「波動」と呼んでいます。量子レベルの振動から波動が生じているわけです。

ですから、世の中に存在するあらゆるもの、たとえば人や動物は勿論のこと、書籍やレポート等の文章、絵画、陶器、建築物、工業製品など、この世に存在するありとあらゆるものが固有の波動を発しているのです。

この波動を高めることができれば、私たち人の運気アップも叶います。次のような願望も楽々ゲットできるわけです。

・快適な住まいを手に入れ理想的な伴侶にも恵まれる。
・いつまでも老けない健康な身体を維持する。
・望むものがいつでも手に入る金運に恵まれる。
・自分がベストだと考える仕事上のキャリアを重ね続けることができる。

では、どういう取り組みをすれば波動は上がるのでしょうか。それに関してはブログに記事として載せていますので、是非閲覧してみてください。

 

Pocket