イケてる社員研修を導入し儲かる会社へと大変貌

目次]
優れた社員研修が社長を時代の寵児にする
世界企業の変化!IT業界の雄が社員研修に瞑想を導入
S.I.Y誕生の原点は東洋思想
日本に於けるスピ系コンサルティングの現状
費用を極力かけたくなければ
丹田呼吸が人の能力を拡大


優れた社員研修が社長を時代の寵児にする

『私の分身が何人か、うちの会社にいたらなあ・・・・・・』

こう考える社長さんは多いと思います。

何故なら特に中小企業に於いては、ごく一部の業務を除きいちばん仕事ができるのが社長だからです。エースで四番、若しくは最強ストライカーが4人も5人も揃っている野球やサッカーのチームが強いのは当たり前。企業にしても同じ論理が通ります。

そんな他社が羨む優良企業へと自社を育て上げたいのであれば、ここはやはりあなたの会社に最もフィットする社員研修の導入ではないでしょうか。


どのような社員研修を自社に導入すればいいのか、悩まれるかもしれません。

方法は色々あります。

・研修セミナーへの参加
・職種別スキルアップをコンサルタントに依頼
・通信教育型の能力開発
・参加体験型研修(ワークショップ)
・自社独自開発の研修プログラムを実施

社員研修を細分化すれば、項目はもっと挙げられるはずです。


ビジネスの実力が備わった社員が増えれば増えるほど社長のあなたは楽ができます。そして、会社も儲かるということになります。

先頭を切って業界を牽引していけるほどの企業へとあなたの会社が変身するため、少しでも今日の記事が参考となれば幸いです。


世界企業の変化!IT業界の雄が社員研修に瞑想を導入

このところ、スピリチュアル系のメソッドを企業業績の活性化に繋げようという流れがあります。

世界的な潮流なんですよ!


Google、アップルを始め、ユーザー数が世界で5億人以上になったとされるビジネス向けSNS「Linkedin」。さらにアメリカン・エキスプレスなど、錚々たる
欧米トップ企業が社員研修にスピリチュアル系の研修プログラムを実践しています。

その名はS.I.Y(Search Inside Yourself)。これは瞑想法です。

S.I.Y(Search Inside Yourself)は、グーグル社が幹部を対象として独自に開発した「マインドフルネス」の実践プログラムです。現在、このプログラムは欧米企業に限らず、世界的な注目を浴びています。

S.I.Yには「サーチ・インサイド・ユアセルフ」の著者である元Google社員のチャディー・メン・タンが、Google在職時代からマインドフルネスをベースとし研究開発に携ってきました。




S.I.Y誕生の原点は東洋思想

欧米のビジネス界にスピリチュアルが根づき出してから数年が経っています。

そして先にも言いましたが、Googleやアップルが自社の社員研修に瞑想を採り入れるようになって以来のことです。今ではこれが世界的な流れになっています。日本の企業もこの傾向に追随するのは間違いないでしょう。

S.I.Y(Search Inside Yourself)プログラムは集中力を上げてビジネスのパフォーマンスをアップさせるとともに、日々のストレスを軽減しスムーズな人間関係を構築することを主なテーマとしています。現状をそのまま肯定することで、ストレスを軽減する技術です。今の自分をシッカリ見つめるということですね。「座禅」がベースになっているとのこと。

出典:TOCANA
アップル、グーグル…欧米大企業の研修に“瞑想”!?
パワーエリートの間で常識化する「マインドフルネス」


ビジネスに応用する範囲を超え、自身の心の深い領域まで入り込んで深層意識に問いかけるメソッドとして利用すれば、超能力の開発に繋がったり宗教的法悦体験も
得られそうです。



日本に於けるスピ系コンサルティングの現状
以前から日本では、スピリチュアル分野に属する「占い」や「ヒーリング」のスペシャリスト達が、企業経営者の悩みや相談に応じていました。

そうした経緯もあり、欧米の先進的企業が進んで採用するスピリチュアル系の社員研修メソッドが、経営コンサルティングプログラムの一環としてこの先日本の企業にも浸透していく流れが一般的になるでしょう。

また、ビジネスの効率アップや社員のストレス軽減に瞑想を利用する程度の現状の段階は、今後さらに進化を遂げるはずです。人の能力を限界まで探究するようなレベルへと移行する可能性が限りなく高いのです。


費用を極力かけたくなければ

S.I.Yプログラムの参加費用は10万円+αとのことです。また、冒頭に挙げた一般的な社員研修をコンサル会社に依頼すれば、やはりS.I.Yプログラム参加費用程度はかかるでしょう。でも、今は経営が苦しくその費用が捻出できない社長さんもいらっしゃるはずです。

そういう社長さんに私からご提案したいと思います。ひとつのアイデアとして聞いてください。採用する、しないはご自由ですので!!


お勧めしたいのは、ソルフェジオ周波数のCD利用です。

休日とか、帰宅後に自宅で聴いてもらえばいいと思います。但し、人それぞれ聴きたい周波数は異なっているはずですから、必要な全てのCDを提供してあげてください。同一周波数のCDを何枚か揃えて購入しても、大した金額にはならないと思います。

各周波数の効能については次のようなものがあります。

174Hz 意識の拡大と進化の基礎

285Hz 多次元領域からの意識の拡大と促進

396Hz 罪の意識やトラウマ、恐怖からの解放

417Hz 変化に挑戦する心、知性

528Hz 理想への変換、DNAの修復、奇跡

639Hz 人間関係の向上・修復

741Hz 問題を解決、表現力の向上

852Hz 直感力の覚醒、目覚め

936Hz 高次元、宇宙意識と繋がる

963Hz 高次元、宇宙意識と繋がる


丹田呼吸が人の能力を拡大

ソルフェジオ周波数を聴く際、丹田呼吸も同時に行うと効果倍増です。

次のことに注目してください。

読経=深吸法(丹田呼吸)=瞑想法

お寺のご住職が法要等の読経中に大きく息を吸い、そのあと経文を読むために息を吐き続けます。なので、読経は深呼吸と同じなんですね。吐く息が特に長くなり、深呼吸としてこれは理想的。

さらに、ソルフェジオ周波数CDを聴くことと丹田呼吸の同時実践は「波動アップ」に繋がります。人の能力向上に寄与することは請け負いますよ。


「白隠禅師」が広めた「軟酥の法」は、丹田呼吸を利用した自己開発のメソッドでした。

BlueBloomBlog
白隠禅師の引き寄せの法則:軟酥の法

 

事業運アップの原動力となるスピリチュアル能力

目次]
スピリチュアル能力に目覚める
スピリチュアル能力を開発してビジネスを加速
イメージングの実践方法


スピリチュアル能力に目覚める

私達の身の周りの環境から世界の在り方に至るまで、自身の思考や願望などに関するイメージが、時間差は生じるとしても何時の日か私達の日常に現実として現れてきます。自らの思いがこの現実世界にいつか構築されるというわけです。ですから、将来に対する不安や無用な杞憂を心のうちに抱く時間が長い習慣を持つ人は、わざわざ危険な状況に自らを陥れようとしていると言えます。

様々な鬱々たる思い通り、絶対に回避したいと考えている事柄を、先々のことではあっても自身が実際に体験することになってしまうのです。

なので、楽しい暮らし以外自分は望んでいないとあなたが思うのであれば、理想的な人生を堪能している未来の自身を強くイメージすることが必要になります。何故なら、私たちは今というこのときに自分の中に理想世界を築くことができるからです。後は望んでいる現実が現象化するのを忍耐強く待っていればいいだけなのです。


イメージング中の想念は5次元に届きます。但し、イメージを5次元に届き易くするには、脳波をそれに相応しい周波数とすることが重要になってきます。

5次元は時間や空間の制限を受けない精神世界なので、イメージしたことが瞬時に構築されるのです。そして、5次元に於いて構築されたものが3次元に時間を加えた私たちが住むこの4次元世界に具象化するには、既に5次元で構築されている物事の波動を落としこれを物質化させなければなりません。要するに、イメージから物質化に時間がかかるのです。

イメージを5次元に届き易くするには、脳波をそれに相応しい周波数とすることが重要になってきます。寝入りばなのレム睡眠時とか、深い瞑想に入った際、脳波はシータ波(θ波)となっているはずです。こういう時間帯を上手く利用することです。

 

スピリチュアル能力を開発してビジネスを加速
『ところで、5次元世界って本当にあるのかなあ!?』

もしあなたがこう思われるのでしたら、次のYouTube動画を是非参考にしてください。このYouTube動画では、リサ・ランドール博士の講演を日本語翻訳で聞くことができます。

リサ ランドールの 世界 5次元の 宇宙 ワープする宇宙 NHK.mp4


リサ・ランドール博士は、ハーバード大学を卒業された才媛で、アメリカ合衆国の理論物理学者です。『ワープする宇宙―5次元時空の謎を解く』の
著者でもあります。3次元世界は5次元世界に組み込まれているとの理論を一つの数式を用いて打ち立てています。『5次元はある!』こう持論を世界に向かって主張しているのです。

ビジネスのさらなる加速のため、ここで企業オーナーのあなたにはスピリチュアル能力の開発をお勧めしたいと思います。海外では既にこの傾向は進んでいます。

IT業界を牽引するGoogleやアップルが瞑想というスピリチュアル系メソッドを、自社の生産性公向上のために採り入れています。日本に於いても大企業から中小・零細企業に至るまで、必ず追随するときが訪れます。早く採用する企業が同業者に水を開けるのは自明でしょう。

 

イメージングの実践方法
企業が導入する瞑想では一定の場所と時間を確保するはずですが、私がお勧めするイメージングの方法はそこまで堅苦しくはありません。起きがけの洗顔時ような、ほんの短い時間でもそれに充てることができるのです。ほとんど何も考えなくていい習慣づけされたことを行っているときのほうが、却って集中できると考えています。

ただイメージするだけで大丈夫なのです。また、イメージングは細切れに実践しても問題ありません。一日の活動が終わった就寝時でもいいと思います。ただ布団やベッドに入った際ではイメージングに集中すればするほどそれが楽しくなり、いつまでも心地よい時間を過ごして寝つきが悪くなることは考えられます。


まずは、自分の中に理想の世界を創造するのが先です。但し、5次元にて構築されたものを4次元世界に具象化するには、先にも申しましたがある程度の
時間がかかります。しかし、何時か頭の中でイメージした事柄が、時間の経過とともに現実として現われてきます。勿論、内容によっては具象化されるまでの時間に違いが生じるのですが。


以上お伝えしたことを是非実体験してください。理性を発動させ頭の中で辻褄を合わせて理解を進めるのではなく、身体全体で感じ取っていただき
たいと思います。

また、身体を介して感じ取るということは、自身の『感情』を経由して理解することに繋がります。感情をベースとした理解を通じて、自分の中に構築した世界が自身の外側に創造されるのです。


『感情』での理解についてですが、具体的にはイメージしたことを少しづつでも実体験できれば、この概念が徐々に身体に沁み込んでいきます。
小さなことでけっこうです。まずは一つでもその経験を積んでください。

身近且つ些細なこの行動が、自身の願望を確実にしかも最速で実現できる人に進化する道へとあなたを繫げるのです。